忍者ブログ

サディズムは誰の心にもある

これは、いじめ問題を論じる時に絶対に必要な視点だろう。つまり、「いじめるのは楽しい」という心理があるからこそいじめは絶滅できないのだ、ということだ。
性善説の人間には認め難い事実だろうが、そこ(「誰もがいじめ加害者になりうる」)から出発しないと真に有効な打開策は見つけられないと思う。
まあ、簡単に、学校という枠を神聖視せず、いじめは法的に犯罪として処理すればいいだけだが。





さんがリツイート
返信先: さん

十字架って映画でエキストラの中学生を集めてスタンフォード監獄実験みたいな「いじめのワークショップ」をやった時、いじめられて三回転校した女子にいじめっ子役をやらせたら「いじめるのがこんなに楽しいと思わなかった、いじめるとみんなが寄って来てくれて嬉しかった」って言った話生々しくて好き









拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析