忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 20

第二十章 国王ロドリグ

 翌日、ミゼルたちは王宮に入った。青いタイルの貼られた門は。真昼の光に輝いて、宝石のようである。アブドラを見て、衛兵たちはうやうやしくお辞儀をする。
 大広間の王座に、国王ロドリグは座っていた。残忍冷酷との評判からミゼルたちが予想していたような野蛮な顔ではなく、白皙の、高貴で知的な顔である。ただ、顎の下まで垂れた漆黒の長い口髭は、ミゼルたちの目には、やはり異国風で違和感がある。
「お前らがヤラベアムから来た者たちか。我が国とヤラベアムとの不仲を知っていながらわしに会おうとは、なかなか心臓が強いな」
 ロドリグの声は、やや甲高いが、威厳がある。
「畏れながら、王様、国と国との争いは、もともと国王同士の喧嘩であり、国民とは無縁のものです。もしも、王様がヤラベアムの王と手を結べば、両国の国民はすぐにでも仲良くなりましょう」
 アロンが一同を代表して答えた。王の威厳を少しも恐れていない様子である。やはり、自分も王家の生まれであるという自負があるのだろう。
「なかなか言いたいことを言うの。名は何と言う」
「アサガイのマハンの息子、アロンです」
「アサガイのマハンか。知っておる。わしにも、よく貢ぎ物を持って来るが、お前のような息子がいたとは、知らなかったな。ところで、その娘はお前の妻か」
 ロドリグは、先ほどからちらちらと目をやっていたロザリンに目を向けて言った。
「いいえ、誰の物でもございません」
「ならば、わしに呉れぬか。わしの后の一人にして、思いのままの暮らしをさせてやろう」
 ロザリンは、にっこり笑って答えた。
「わたしは、今のままがようございますわ。でも、王様がたってお望みなら、私を買うのにふさわしい物をこの者たちにお与えください」
「何じゃ。金か細工物でも欲しいのか」
「いいえ、この国に伝わる秘宝、王者の剣と引き換えなら、私は王様の物になりましょう」
「王者の剣じゃと?」
 ロドリグは眉根にしわを寄せた。王者の剣のことは、彼はその存在をすっかり忘れていた。このアドラムでは、武人はたいてい半月刀を用い、王者の剣のような直刀は、好まれなかった。戦場でも用いたことがなかったため、王者の剣に対して彼は無関心だったが、それでも、王家に伝わる秘宝を女一人のために失うのは、はばかられた。
「それは、だめだ」
 ロドリグはそう答えたが、ロザリンが先ほどから王にかけている蠱惑の術は、その効き目をいっそう増しており、彼はロザリンが欲しくてたまらなくなっていた。
「なら、賭けをいたしましょう。王様の御家来の中で、もっとも武勇に優れた者と私が戦って、私が勝てば、王者の剣を頂き、負ければこのロザリンを王の物にする、ということでどうでしょうか」
 エルロイが言った。ミゼルは、慌てて、彼を引き止めようとした。
「いや、私が戦う」
 ミゼルが言うと、エルロイは、ミゼルに向かい、小さな声で言った。
「いいか、ミゼル、まず私がロザリンを賭けて戦う。それで負けた時は、今度はゼフィルを賭けてお前が戦うのだ」
 ミゼルは仕方無く、頷いた。
「ははは、わしの家来と戦うだと? このアドラムには、ルシッドがいると知っていて、そう言うのか?」
 ロドリグは、高笑いした。ルシッドは、アドラム一の勇将で、剣でも乗馬でも並ぶ者がなく、その名はヤラベアムまで鳴り響いていた。
「ルシッド殿が相手なら、望むところです。一度お手合わせしたいと思っていた」
 エルロイは答えた。
「いいだろう」
 勘定高い国王は、ルシッドが負けることは、絶対にありえないと踏んで、只でこの美女、ロザリンが手に入るとほくそえんだ。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析