忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 15

第十五章 燃える水

 盗賊団と出逢ってから五日目に、ミゼルたちは砂漠の中にある小高い山を見た。
「これがシケル山だな。預言者モーザスが燃える木を見たという伝説のある山ですよ」
 ゲイツの言葉に、ロザリンが言い返した。
「あら、伝説じゃないわよ。魔法使いの間では有名な事実よ。登ってみる?」
「そうだな。たいして大きな山でもないから、時間はかからないだろう」
 エルロイとミゼルも賛成した。エルロイが賛成なら、アビエルが反対することはない。
山は、高くはないが、なだらかな丘を越えたところから一度下がり、再び高くなっていく形をしており、その窪地に伝説の燃える木はあった。
「燃える木は、本当にあったんだ。しかし、不思議な燃え方だ。木が燃えているというより、木の周りの空気が燃えているように見える」
 エルロイが呟いた。
「しかし、いやな匂いね。これでは、神のお告げの印というより、悪魔の祭壇にふさわしい匂いだわ」
 ロザリンが言った言葉に、一同頷いた。
「油臭い匂いだな」
 ミゼルが言った。
「油だって? そうだ、これは油の匂いだ。獣の油とも、植物の油とも違う匂いだが、何かの油ですよ」
 ゲイツは、興奮した様子で、あたりの様子を調べた。
「見てみなさい、このあたりの地面一帯が黒っぽい。これは、地面から油が沁み出しているんですよ」
「地面から油が出る? そんな馬鹿な!」
 アビエルは、ゲイツの言葉を一笑に付したが、ゲイツは、地面に落ちていた枯れ枝に、その粘り気のある、砂粒混じりの黒い液体を付けて、燃える木に近づけた。すると、まだ火にも触れないうちに、その枯れ枝にもぼっと火がついたのであった。
「ごらんなさい。この黒い水は、油ですよ。砂から沁み出した油です。石の油だな。石炭があるなら、石の油があってもおかしくはないでしょう」
「じゃあ、この地面の下には、その石の油の泉があるってことか」
 アビエルも、真顔になった。エルロイとミゼルにはまったく興味のない話だが、ゲイツとアビエルの二人は、これが商売のネタになることが、直観的に分かったのである。
「でも、こんなひどい匂いの油じゃあ、使い道はないわよ。少なくとも、私はこの匂いは大嫌い」
 ロザリンはこの発見を素っ気なく片づけた。
「まあ、いずれこの油の使い道は考えることにしましょう。私は、何となく、これがとてつもない大儲けの可能性を持っているような気がしますよ」
 ゲイツの言葉は後に事実になるのだが、この時の五人には、まだそれは分からない。とりあえず、彼らはシケル山を下りて先に進むことにした。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析