忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 19

第十九章 吉報

 ゼフィルを連れてアブドラの屋敷に戻ると、エルロイもロザリンも、ゼフィルがミゼルの手に戻った事を非常に喜んだ。
「私、この馬に一度乗りたかったんだ」
 ロザリンの頼みで、ミゼルはロザリンがゼフィルに乗るのを許した。
 アブドラの屋敷の中庭でゼフィルに乗ったロザリンは、思いもかけない見事な騎乗ぶりを見せた。
「あの子は、庶民ではないな。武芸の心得があるようだ」
 エルロイが呟いた。
 ロザリンに続いて、エルロイも乗ってみる。こちらも鮮やかな手並みである。
「いや、驚いた。この馬は、乗り手の気持ちが分かっているみたいだ。こちらの考え通りに、すぐ反応する。やはり、最高の名馬だ」
 ゼフィルから下りたエルロイは、そう感想を述べた。
 やがて、宮廷から戻ったアブドラが、ミゼルに吉報を伝えた。
「ロドリグ王と会えることになりましたよ」
 ミゼルたちは、歓声を上げた。
「ヤラベアムからの旅人とは珍しい、ということでお会いするそうです。ただし、ご承知の通り、このアドラムとヤラベアムは敵対していますから、どんな目に遭うかは分かりませんが、それでもいいですか?」
 ミゼルは仲間たちの顔を見た。
「もちろんですよ。この旅に出た以上、どんな危険も承知の上です」
 ゲイツが仲間を代表して言うと、他の仲間も頷いた。
「で、ロドリグ王との賭けの賭け代に何をするのか、決まりましたかな?」
 アブドラが聞いた。
「やっぱり、ここは私を賞品にすべきじゃない? もしもこの程度の顔でご不満なら、魔法で凄い美女に化けてもいいわよ」
と、ロザリン。
「いや、ゼフィルを賭ける方が安全だろう」
と、ミゼルは言った。せっかく手元に戻ったゼフィルと別れるのは、身を切るより辛いが、ロザリンを危険にさらすわけにはいかない。
「では、出たとこ勝負で行きましょう。ロドリグ王が目を付けた方を賭け物にするのです」
 ゲイツの提案に、一同は頷いた。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析