忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 1

第一章 草原

初夏の、夕暮れに近い空が大きく広がっている。時折吹いてくる風が、ミゼルのまだ少年らしい顔を撫でていく。羊飼いのミゼルは、枝を大きく広げた楡の木陰に腰を下ろし、羊たちをぼんやりと眺めていた。ミゼルは十六歳。祖父と二人暮らしで生きてきて、世間をほとんど知らない。父は、彼が五歳の時、レハベアムとの戦いに出て行方不明になり、その後すぐに母も病気で亡くなった。だから、両親の記憶はもはやほとんど無いが、幼い頃自分を優しく抱きしめてくれた腕や胸の感触は、今でも心のどこかに残っている気がする。暖かな夕陽を受け、黄色に輝く空の雲が、ミゼルをそんな感傷に誘っていた。
一頭の羊が急に頭を高く上げた。ミゼルは跳ね起きた。ミゼルが羊たちを呼び集める鋭い口笛の音が響くのと同時に、草原の彼方に小さな土埃が上がり、それが見る見るうちに四匹の疾走する狼の姿になってきた。
ミゼルは弓を構えて、狼を迎え撃つ態勢をとった。狼の速さとミゼルが矢をつがえて射る速さを考えると、弓で倒せるのは二匹か三匹までだろう。二匹の狼と、杖で戦うのは、至難の業である。
狼との間が百歩の距離になった。ミゼルが確実に射ることのできる距離だ。ミゼルは最初の矢を放った。矢は一条の光となって、彼方の狼に向かって飛び、見事に命中した。先頭の狼が転倒する。この時には、残りの狼との距離は、もはや六十歩である。二番目の矢も、次の狼を射倒した。続く二匹は、早くもミゼルの目前に迫っている。しかし、ミゼルは慌てず、三本目の矢を弓につがえて、至近距離から三匹目の狼を射殺した。と同時に、ミゼルは素早い動作で弓を捨て、地面に置いてあった杖を拾って、ミゼルに襲いかかった最後の狼に、下から杖を跳ね上げて打撃を与えた。杖は狼の喉首に当たったが、それほどのダメージではない。地上に降り立った狼は、一瞬の動作で地面を蹴って再びミゼルに噛みつこうとした。その鼻面に、ミゼルの杖が振り下ろされる。杖の頭部は、瘤状になっており、棍棒のような威力がある。
鼻面を殴られた狼は、悲鳴を上げて飛び下がったが、今度は逆にミゼルが狼に向かって進んだ。二度、三度と振り下ろされる杖の打撃で、狼は地面に倒れ、口から血を吹いて体を痙攣させていたが、やがて息絶えた。
ミゼルは額の汗を腕で拭って、狼たちの死体を眺めた。目の前に二匹、少し離れた所に一匹、そして遠くにもう一匹。
羊たちは興奮してしきりに鳴いていたが、その興奮も次第におさまっていった。
吹いてくる風が、戦いの火照りを冷やし、鎮めていく。
ミゼルは、やがて虚脱状態から気を取り戻した。
黄昏が近づいている。急がないと、死臭を嗅ぎつけて、他の狼や山犬がやってくるだろう。
ミゼルは一番遠くの狼の死体に向かって歩き出した。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析