忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 6

第六章 旅の仲間

 翌日、まだ朝早くミゼルを旅籠に訪ねてきた男がいた。
「ミゼルさんですね。昨日は御前試合で大変な活躍だったそうで。実は、知り合いから、あなたがこのヤラベアムを出て旅をするという事を聞きましてね。その旅にご一緒させてもらえないかと思いまして。……私はゲイツと言って駆け出しの商人です。いずれはこの国一の、いや世界一の大金持ちになろうと思っています。旅をすれば金儲けの手掛かりが得られるんじゃないかと思いましてね。ええ、もちろん危険は承知の上です。けっして足手まといにはなりませんから、連れていってくれませんかね」
 男は立て板に水、という調子で話した。年は三十代半ばと見えたが、顔は若々しい。おしゃべりだが、悪い男ではなさそうだ。それに、一人旅よりは、仲間がいた方が、何かと便利だろう。ミゼルは、彼の申し出を承知した。
 ミゼルの承諾を得ると、ゲイツは、自分が旅の支度は整えようと言って、出ていった。
 その夜、さらにもう一人の思いがけない客があった。ミゼルと馬上槍試合の決勝で戦った相手の、青年騎士、美男のエルロイである。
「ミゼル殿は、お父上を捜して世界中を旅すると伺った。私もご一緒させて貰えないかな。あの伝説のマリス殿が如何なる人物かお会いしてみたいのだ。それに、私自身の武者修行にもなるだろう。ミゼル殿に敗れて、私は自分の未熟さをつくづく思い知ったのだ」
 エルロイは、真面目な口調で言った。エルロイほどの武芸者が仲間にいれば、こんな心強いことはない。ミゼルは喜んで、この申し出を承知した。
 その翌日、ミゼルとゲイツ、エルロイとその従者の少年アビエルの四人はテッサリアの町を出た。
 初夏の風が快く吹き、朝が早いせいか、日差しもまだ暑くない。
 テッサリアの町はずれの街道に来た時、ミゼルは道の側の大木の陰に腰を下ろしている一人の少女を見た。
「遅かったね。のんびりしているとアジバまで行かないうちに日が暮れちゃうよ。おっと、私の名前はロザリン。あんたたちとは旅の仲間になる運命さ。なぜそれがわかるかって?それは私が魔法使いだからだよ」
 ぺらぺらとまくしたてる、そのロザリンと名乗る小麦色の肌の可愛い少女は、ミゼルがテッサリアに着いた時に道でぶつかった娘だった。観察力の鋭い人間なら、肌色こそ違うが彼女によく似た顔のもう一人の人物を思い出すはずである。
「ほほう、なかなか可愛らしい娘さんだが、あんた、男四人の中に女一人で怖くないかね」
 ゲイツが笑いながら言った。
「男なんか怖くないね。あんた、ためしに私の体に触ってごらん」
 ゲイツはにやにやしながら、ロザリンの肩に手を置こうとした。その瞬間、彼は雷に打たれたように悲鳴を上げて飛び退いた。体中に電気が走ったのである。
「私に触ったら、誰でもこうなるのさ。でも、いい男なら別だけどね」
 ロザリンは、ちらっとエルロイを見たが、エルロイは気づかない様子である。多くの女たちから熱い視線を投げかけられることに慣れすぎているのだろう。
 ゲイツとアビエルは、男ばかりのむさくるしい旅に、妙齢の美女が加わったことが嬉しそうである。もちろん、それはミゼルも同じだが、ロザリンはエルロイ以外は目に入らない様子である。道々何かとエルロイに話しかけるが、エルロイは気のない返事をするだけだ。
 その頃、王宮ではエステル姫がいなくなった事に何人かが気づいていたが、エステル姫が無断でいなくなることはこれまでも何度かあったので、すぐに帰ってくるだろうと、あまり気に止められなかった。エステル姫を子供の頃から育てたお守り役の魔法使いジルードは、エステル姫が旅に出た事を知っていたが、姫から堅く口止めされていたので、その事はしばらく誰にも言わなかった。王宮が大騒ぎになったのは、それから三日ほどたってからだった。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析