忍者ブログ

乳がんは芸能人女性の職業病?

某女性タレントが乳がんになったという記事の一節だが、乳がんとはどんなものか書いてあるのが珍しい。乳がんになりやすい生活態度まで分かっているのだから、防止も可能だ、というのが他の癌とはだいぶ違う。他の癌(基本的には老化だと私は思っている。)は、防止策など無いだろう。下の記事を読むと、芸能人に乳がんが多い理由も納得できる。ピルなどを飲んで妊娠を避け、喫煙飲酒する習慣が多い、ということだろう。
昔は若くして結婚出産することが普通だったから、授乳経験が無いまま年を取る人のほうが少数派だったわけだ。女性ホルモンは過剰(フェロモン放出が生命線である芸能人女性は、そうでないとやっていけないだろう。)でありながら、授乳経験が無い、というのが乳がんの基本的原因なら、これは女性芸能人の職業病とすら言えそうである。同情するようなものでもないと思うし、原因が分かっているだけマシではないか。まあ、芸能界に入らないのが一番の対処策だww


(以下引用)


女性ホルモンに長くさらされるとリスク上昇

 誰でもなる恐れがある病気だが、罹患(りかん)リスクが高くなる要因は分かっている。(1)初潮が早い=11歳以下(2)閉経が遅い=54歳以上(3)初産年齢が高い=30歳以上(4)妊娠・出産歴がない(5)授乳歴がない(6)祖母、親、子、姉妹に乳がんの人がいる(7)肥満度が高い(閉経後)(8)喫煙している(9)大量に飲酒する習慣がある(10)運動不足−−の10項目のうち、当てはまる項目が多いほど高リスクだ。


 乳がんは女性ホルモンにさらされる期間が長いほど、罹患リスクが上がる。血管や骨を守り、肌の潤いを保って、心筋梗塞(こうそく)の予防効果もある女性ホルモンだが、乳がんに関してはメリットばかりではない。


 10項目のうち、初潮が早く、閉経が遅く、妊娠・出産経験がない人がリスク高となるのは、女性ホルモンにさらされる期間が長くなるためだ。2、3人子供を産むと、授乳中を含め5年ほど月経がなく、女性ホルモンの分泌が減る期間ができ、相対的に罹患リスクは下がる。逆に、経口避妊薬(ピル)の使用や、閉経後のホルモン補充療法など、体外から女性ホルモンを追加する措置を取っていると、リスク上昇の可能性がある。近年の患者数増加は、少子化で妊娠期間が短くなったことも要因として考えられる。


 成人、特に閉経後の場合、肥満も要注意だ。閉経後、女性ホルモンは脂肪組織で作られ、肥満の人ほど分泌量が増える。また他の多くのがんと同様、喫煙や多量飲酒も大きなリスクとなる。逆に定期的な運動をする人は、ほとんど運動をしない人に比べ、罹患率は3分の2ほど低い。


 とはいえ、小林さんのように若く、出産を経験していて肥満でもない人でも、乳がんになることは普通にある。上記の10項目が一つも当てはまらなくても、リスクはゼロではない。

手術の前に抗がん剤を使うことも

 治療は、手術、放射線治療、薬物療法があり、病状に応じて組み合わせて行われる。さらに薬物療法は、内分泌(ホルモン)療法▽化学療法(抗がん剤治療)▽分子標的治療に大別できる。乳がんではがんの種類(サブタイプ)によって、選択される薬物療法も異なってくるのが大きな特徴だ。


拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析