忍者ブログ

リレンザとタミフルの危険性は明白だろう

54例もあれば因果関係はほぼ確実だろう。体質によって、そういう異常行動を起こす場合と起こさない場合があるだけで、その危険性は明確にあるということだ。そもそも、インフルエンザなど、ワクチンを打っても打たなくても数日で治まるものだ。なぜ、それほどの危険性を冒す必要性があるのか、まったく理解に苦しむ。などと言いながら、製薬会社と医療界のカネ儲け以外の理由などありえないと私は思っているのだがwww


(以下引用)



インフル薬“異常行動”めぐり厚労省が「施錠」など通知へ


11/23(木) 6:06配信


TBS News i


Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.


 インフルエンザの治療薬を飲んだ子どもなどが「異常行動」を起こす報告があとを絶たないことを受け、厚生労働省が近く「部屋に鍵をかける」といった具体的な対策を呼びかける方針を決めたことがわかりました。

 厚生労働省によりますと、タミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬を飲んだあと、急に走り出した、部屋から飛び出そうとしたといった異常行動の報告が昨シーズン54例ありました。いずれも薬との因果関係は不明です。

 厚労省はこれまで、「薬を飲んだあとの2日間は子どもを1人にしない」よう呼びかけていましたが、異常行動の報告があとを絶たないことから、新たな通知を出す方針を決めました。

 新たな通知では、部屋に鍵をかける、飛び出しや飛び降りを引き起こす環境に子どもを置かないといった具体的な対策を呼びかけることを検討しています。(22日23:35)


拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析