忍者ブログ

「東洋経済」誌の異様なトランプ叩き

東洋経済オンラインの「Tokyo Business Today」に載った英語論文を東洋経済が日本語に訳して載せているのだが、その日本語タイトルが英語版とはかなり意味合いが違うものになっているのが興味深いので、両者を転載しておく。(日本語訳は1ページにまとめられた「阿**」版を使う。)
英語版の方のタイトルは訳すなら「アメリカの混乱した民主主義」というものであり、それが日本語版では「『ペテン師』のトランプが旋風を起こせるワケ 云々」と、かなり扇情的なタイトルになっている。英語版のタイトルでも中身でもトランプを「ペテン師」だとは言っていない。「ポピュリスト」(人民迎合主義者)だと言っているだけである。人民に快い発言をすることで政権獲得や党勢拡大を狙うのは、あらゆる政治家がやることであり、与党側は、「野党は自分たちが無責任な立場にいるから、増税や社会福祉削減の必要性など、人民の気に入らない『耳に痛い』発言をしないだけのポピュリストどもだ」と野党を非難するのが常である。そして、下の論文もそういう保守側の立場に立ってトランプを非難している(それで、この筆者の正体も想像がつく。)だけで、トランプを「ペテン師」とは言っていないようだ。まあ、英語版を全部読んではいないが、日本語訳の中にもそういう表現は無い。ただタイトルだけが異様なまでに扇情的なのである。
トランプが共和党から出馬したことで一番困っているのが共和党だろう。共和党とはアメリカの「上級国民」のための政党であり、その「上級国民」を批判することで全国民的な人気を得たのがトランプなのである。したがって、トランプに一番勝ってほしくないのは民主党ではなく、共和党だろう、と私は思っているwww
だからこそ、アメリカの主要マスコミはトランプ叩きに全力を挙げているわけで、下の論文もその一つではないかと思う。
日本の「東洋経済」誌までが、なぜトランプ叩きに加わっているのかはよく分からないが、欧米マスコミに追随しただけのことではないかと思う。いうまでもなく、欧米マスコミのほとんどはユダ金の所有物である。
なお、下記記事の日本語訳の小見出しもかなりいい加減なもののようだ。なぜ、これほど「超訳」をしたのか、知りたいものである。



(以下引用)




「ペテン師」のトランプが旋風を起こせるワケ 19世紀の思想家トクヴィルの懸念が現実に(週刊東洋経済)
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/786.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 05 日 16:16:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
   

 







          米大統領選で旋風を巻き起こしているトランプ候補 (写真: ロイター/Rick Wilking)


「ペテン師」のトランプが旋風を起こせるワケ 19世紀の思想家トクヴィルの懸念が現実に
http://toyokeizai.net/articles/-/107406
2016年03月05日 イアン・ブルマ :米バード大学教授/ジャーナリスト 東洋経済


原文はこちらhttp://toyokeizai.net/articles/-/104893

19世紀のフランスの政治思想家トクヴィルは、刑務所制度を研究するために訪米した。この訪米を機に生まれた著作が、かの有名な『アメリカのデモクラシー』である。同書では、米国が世界で初めて導入した民主主義制度を好意的に紹介している。

ただしトクヴィルは民主主義をもろ手を挙げて称賛したわけではない。むしろある疑念も持っていた。それは米国の民主主義が選挙で選ばれた多数派による独裁につながり、少数意見の抑圧をもたらすのではとの疑念だった。トクヴィルは、多数派でも無制限の権力を手にすれば、悲惨な終末を迎えると確信していたのだ。

多数派が支配する民主主義には制限が必要だ、とのトクヴィルの主張は後世で生かされ、英国では選挙で選ばれた政治家と特権階級の貴族とが政治の場で共存したほか、米国では今もなお憲法による権力の分離が徹底されている。

トクヴィルは米国で多数派の抑止力の源をもう一つ見つけた。宗教である。人間が民主主義を極端まで追求しようとする姿勢は、キリスト教信仰の姿勢によって緩和される。米国では民主主義と宗教が密接に絡み合ってきたのだ。

■民主主義下での不寛容

しかし昨今の米大統領選の指名候補争いを見ると、トクヴィルの慧眼から逸脱してしまっているようだ。その象徴が、不動産王である共和党のドナルド・トランプ氏の旋風である。彼は宗教的な少数派を非難するなど、民主主義下での不寛容をはびこらせている。

トランプ氏のような扇動的な政治家が既存の主流派を苦しめている構図は、米国に限った話ではない。欧州の一部、トルコやイスラエルといった国でもよく見られる傾向である。

扇動的政治家、すなわちポピュリストのメッセージは、民主主義の世界ではよく似ている。彼らは世の中のすべての病と悩みは、既存の政治エリートたちのせいだ、と主張するのだ。

既存政治家はこうしたポピュリズムを食い止める確固たる方法を見つけていない。彼ら政治エリートたちはポピュリズム自体を民主主義の脅威と見なすが、その見方に対する民衆の不信が、偉大なリーダーを待ち望む傾向へとつながっている。相互不信が独裁政治の温床になりつつあるのだ。

トランプ旋風には別の要因もある。SNSなど新メディアの出現である。既存の新聞やテレビといった権威あるフィルターを通さず、民衆がどんな見解でも直接見聞できるようになった結果、権力に飢えたペテン師が大衆から選ばれる傾向が強まっている。

■政治はショーではない

扇動された民衆は億万長者に怒りを向けるより、むしろ大学教授や金融マン、ジャーナリストといった既存のエリートに怒りを向けている。莫大な富さえあれば、反エリート主義をあおることが可能となっている。この傾向は米国でより顕著だ。ポピュリストはもはや既存のエリート層が制止できるものではない。

今失われつつあるのは、トクヴィルが説いた「民主主義の制限」であろう。ポピュリストの特徴は、有権者に選出されたら、どんな政治的、文化的な反対意見も押し潰せるとの考え方にある。すでにロシアやトルコ、ハンガリー、ポーランドなどで、そうした傾向が見えつつある。イスラエルでさえそうだ。同国は作家や芸術家らに、国家への忠誠を誓わせている。

今後、既存のエリートが権威を取り戻すかどうかはわからない。ただ言えるのは、経験ある政治家が率いる党がなければ、政治は単なるショーに化しかねない、ということだ。民主主義を安っぽい人気コンテストにしてはならない。トクヴィルが向き合った課題は、今なお色あせていないのだ。


(週刊東洋経済3月5日号)

 



An Unhinged Democracy in America

By Ian Buruma : Professor of Democracy, Human Rights, and Journalism at Bard College
February 13,2016
Ian Buruma
Professor of Democracy, Human Rights, and Journalism at Bard College

Ian Buruma is Professor of Democracy, Human Rights, and Journalism at Bard College, and the author of Year Zero: A History of 1945.


  • Google
  • reddit
  • Mail










U.S. Republican presidential candidate Donald Trump (Photo: Reuters/Rick Wilking)

NEW YORK – Alexis de Tocqueville, a liberal French aristocrat, visited the United States in 1831 ostensibly to write a study of its “enlightened” prison system (locking people up in solitary confinement like penitent monks was the latest modern idea). Out of this trip came de Tocqueville’s masterpiece, Democracy in America, in which he expressed admiration for American civil liberties and compared the world’s first genuine liberal democracy favorably with Old World institutions.


But de Tocqueville had serious reservations, too. The biggest danger to US democracy, he believed, was the tyranny of the majority, the suffocating intellectual conformity of American life, the stifling of minority opinion and dissent. He was convinced that any exercise of unlimited power, be it by an individual despot or a political majority, is bound to end in disaster.

Democracy needs restraints

Democracy, in the sense of majority rule, needs restraints, just like any other system of government. That is why the British have mixed the authority of elected politicians with that of aristocratic privilege. And it is why Americans still cherish their Constitution’s separation of governmental powers.


By contrast, in the French republican system, the state represents the so-called will of the people. As a result, its authority is less constrained, which may explain the greater frequency in France of street demonstrations and even of mob violence. Indeed, these upheavals may act as informal checks on official power.


De Tocqueville identified another source of restraint in the US system: the power of religion. Human greed, as well as the temptation of going to extremes, was tempered by the moderating influence of a shared Christian faith. Liberty, in the US, was inextricably entwined with religious belief.


The spectacle of American politics today would seem to cast doubt on de Tocqueville’s observation. Or, rather, the rhetoric of many Republicans aspiring to be President sounds like a perversion of what he saw in 1831. Religion and liberty are still mentioned in one breath, but often to promote extreme views. Religious minorities are denounced. Apocalyptic fears are stoked. Intolerance is promoted. All in the name of God.


Of course, the U.S. is not the only country where fringe demagogues are now poisoning mainstream politics. Religious language is less often heard in Western Europe, but all the more in parts of Eastern Europe, Turkey, and Israel. And the message of populism is similar everywhere in the democratic world: Liberal elites are to be blamed for all our ills and anxieties, from Europe’s refugee crisis to the inequities of the global economy, from “multiculturalism” to the rise of radical Islam.


Populism is causing considerable alarm, not least because mainstream politicians seem less and less capable of finding a convincing way to stop its rise. Those who are rightly worried about the politics of fear like to assume that populism is a threat to democracy itself. Distrust of the elites fosters distrust of the system, and the longing for great leaders who will deliver us from the selfishness of professional politicians will lead to new forms of tyranny.


That may turn out to be true. But, in fact, it is not really democracy that is presently under siege. In some ways, many societies are more democratic than they were before. If nothing else, the Donald Trump phenomenon shows that old party establishments can be skirted by popular outsiders. Social media also make it possible to bypass the traditional filters of authority, such as serious newspapers or broadcasters, and publish any point of view directly.


The power of private fortunes to sway public opinion, especially in the U.S., also upsets the traditional order. Anti-elitism can be fanned by vast individual wealth, because elitism is defined less by financial clout than by education.


Angry people swayed by the populist message are angrier at liberal professors, clever bankers, or skeptical journalists than they are at multi-billionaires. (It is both President Barack Obama’s elite education and the color of his skin – or, rather, the combination of the two – that has attracted so much rage.)


At the same time, people have more power to elect power-hungry crooks than they did before. Like the wild and woolly views swirling around the Internet, such figures are no longer kept at bay by traditional party elites.


What is steadily falling away is not democracy, but the restraints that de Tocqueville thought were essential to make liberal politics work. More and more, populist leaders regard their election by the majority of voters as a license to crush all political and cultural dissent.


De Tocqueville’s nightmare is not yet the reality in the U.S., but it is close to what we see in Russia, Turkey, Hungary, and perhaps Poland. Even Israel, which, despite its many obvious problems, has always had a robust democracy, is moving in this direction, with government ministers demanding proof of “state loyalty” from writers, artists, and journalists.

Tocqueville was right 

It is hard to see how traditional elites are going to regain any authority. And yet I think de Tocqueville was right. Without editors, there can be no serious journalism. Without parties led by experienced politicians, the borders between show business and politics will disappear. Without limits placed on the appetites and prejudices of the majority, intolerance will rule.


This is not a question of nostalgia or snobbery. Nor is it a plea to trust anyone with a plausible air of authority. Anger at the elites is not always unjust. Globalization, immigration, and cosmopolitanism have served the interests of a highly educated minority, but sometimes at the expense of less privileged people.


And yet, the problem identified by de Tocqueville in the 1830s is more relevant now than ever. Liberal democracy cannot be reduced to a popularity contest. Constraints on majority rule are necessary to protect the rights of minorities, be they ethnic, religious, or intellectual. When that protection disappears, we will all end up losing the freedoms that democracy was supposed to defend.


(C)Project Syndicate




拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析