忍者ブログ

英語化教育で日本人の知的水準は劣化する

「谷間の百合」さんのブログに、いい引用があったので孫引きさせてもらう。
日本人で最高の外国語力を持っていたのは現代人ではなく、明治の知識人、夏目漱石や森鴎外その他だったと私は思っているが、彼らは最高の日本語力の持ち主でもあったことは言うまでもない。その基盤があったからこそ彼らの外国語の理解は優れたものになったのではないか。特に、漢詩漢文など漢学の土台があったから、彼らの文章は明晰そのもので豊かな表現力を持っていたのだと思う。大学入試から漢文や古文を廃止しろ、と言う馬鹿がよくいるが、漢文や古文を少しも知らない日本人は、すでに日本人ではない。まして、生まれたときから英語漬けで育てば、英語頭脳の人間になるしかないのであり、それは日本人などではない。まあ、これからの「国際化社会」で生きる「根無し草」になるなら、それもいい。だが、日本人でないならば、「西洋文明の最下層の人種」になるのが大多数の「新日本人」の運命だろう。
それはともかく、日本人は日本語で専門文献を読める、ということがいかに巨大なメリットか、ということを下の記事は示している。「グローバリスト」の人々にとっても一読の価値はあるだろう。


(以下引用)


以下に、「月刊日本」の「英語化は植民地化政策」の記事から一部抜粋したものを転載します。

英語化で日本の国力は地に落ちる。
―― しかしグローバル化の時代を生き抜くには、英語力を高める必要があるという声が大きい。
施 いや、逆に英語化は日本の国力を落とすでしょうね。
まず日本人の学力が格段に落ちる。
ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英氏は、中国や韓国の研究者から「どうしてアジアで日本だけが次々と受賞者を輩出できるのか」と尋ねられ、「日本人は母国語で専門書を読むことができるからだ」と思い当ったと話しています。
本来、人間の可能性は母語の中でこそ最大化します。
どんなに上手でも日本人にとって英語は外国語です。
外国語である以上、英語で日本語より深い思考をすることはできない。
スーパーグローバル大学は「世界レベルの教育研究」を行うために「英語で授業を行う」と謳っていますが、英語化は日本の知的レベルを下げる一方でしょう。
また政府は「グローバル人材」を育てて経済力を上げたいようですが、GDPの上位五カ国はアメリカ、中国、日本、ドイツ、フランスです。一方、英語を公用語として使っているアジア・アフリカ諸国のGDPは低い。
そもそも英語力と学術や経済の力とを結びつける発想が間違っています。……


拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析