忍者ブログ

奸賊どもの跳梁跋扈

「谷間の百合」さんの最新記事の冒頭部分だけ転載する。
天皇の新年の国民へのお言葉が取りやめになる、という出来事に関する部分だけを引用しておくが、この出来事が安倍政権による「天皇幽閉」であることは谷間の百合さんの推測どおりだろう。
このゆゆしい「事件」が何も問題視されないままになるとしたら、安倍一派の専横はますますひどくなっていくだろう。まさに「奸賊ども」が跳梁跋扈している。


(以下引用)



奸賊どもに天罰が下らんことを。
きのう、天皇陛下が新年の国民へのお言葉を取り止められるという驚くべきニュースが飛び込んできました。
なにか、急に体調を崩されるようなことがあったのかと思いきや、宮内庁は国事行為の負担軽減だと言いました。
よくもこんなことがヌケヌケと言えるものだ!
天皇は、直接国民に語られる数すくない機会をいちばん大切に思っておられるはず。
負担軽減を言うのなら、もっと他に、例えば叙勲制度などもっとも要らないことでしょう。
他の行事へのご負担には言及せず、天皇がもっとも大事に思っておられることを政府の権限を行使して中止させるとは言語道断です。

政府はこれからできるだけ天皇を国民の目に触れさせないように、戦跡や被災地への慰霊やお見舞いも取りやめていくのではないでしょうか。
ここまで露骨なことをする意図は何でしょうか。
いよいよ憲法改正に取り掛かるのでしょうか。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
24 25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析