忍者ブログ

まずは「精神の独立」から

木村愛二という、一部では有名な人の「憎まれ愚痴」というサイトに、こういう文章があった。
人民の幸福追求の権利を踏みにじる安倍政権を倒し、新たな政府を設立することは、言うまでもなく人民の当然の権利である。
日本の米国からの独立の前に、長いものには巻かれろ主義、「シカタガナイ」主義の日本国民はこの「独立宣言」の文章をよく読み味わい、その精神を持つことだ。


(以下引用)


「独立宣言」にはこうある。


「すべての人間は神によって平等に造られ、一定の譲り渡すことのできない権利をあたえられており、その権利のなかには生命、自由、幸福の追及が含まれている。またこれらの権利を確保するために、人びとの間に政府を作り、その政府には被治者の合意の下で正当な権利が授けられる。そして、いかなる政府といえどもその目的を踏みにじるときには、政府を改廃して新たな政府を設立し、人民の安全と幸福を実現するのにもっともふさわしい原理にもとづいて政府の依って立つ基盤を作り直し、またもっともふさわしい形に権力のありかたを変えるのは、人民の権利である」(『史料が語るアメリカ史』の訳による)

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析