忍者ブログ

蜜の味 #2


ジョー:また一つのベッドで二人が寝ることになるのね。
ヘレン:もちろんだよ。あたしはあんたと離れているのがいやだって知ってるだろ?
ジョー:私は自分の部屋が与えられるなら何だってやるわよ! 神様! 凍えそうだわ。
何か体を温めるものは無いの? ヘレン。
ヘレン:どこかにガス式の何かがあったはずだよ。
ジョー:どこに?
ヘレン:どこに、だって? あんたの目は何のためにあるんだい。あたしがあんたのために運んでこなくちゃあならないのかね。そこでブルブル震えているより、こいつでも一杯やったらどうだい。
ジョー:私がそれ嫌いなの知ってるでしょ。
ヘレン:やったことあるのかね。
ジョー:ないわ。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析