忍者ブログ

群盲、象を撫でる

漫画家大童澄瞳のツィッターから取ったが、社会のもめごとの原因のほとんどはまさにこれである。しかも、見ている対象や見る角度が違うだけでなく、その見ている窓の窓ガラスは親兄弟友人知人や読んだ本や漫画やテレビや映画の影響による偏りや奇妙な画像が入っている。
まあ、こういうのは昔から言われていて、それを「群盲、象を撫でる」と言った。足を触った人、鼻を触った人、耳を触った人、腹部を触った人、尻尾を触った人それぞれが考える象の姿はみな違っている。(筒井康隆がこれを「群象、盲を撫でる」という凄いイメージに変換したwww それはそれで怖い)






拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析