忍者ブログ

「やつは敵である。敵を殺せ」は人類を呪縛する呪いの言葉

埴谷雄高のこの言葉は、昔読んだ時にはあまりピンと来なかったのだが、政治や歴史に興味を持つようになると、まさに政治と歴史の実相はこの一言に尽きていると感じる。
そして、国民が容易に政治家(一般人でもこれに近いことを言う。)のこの言葉に煽動されるのは、前に言ったように「感情は理性では制御できない」からである。感情を理性で制御できると思っている人がいたら、その頭をぶん殴ってみるがいい。その人の心は即座に怒りと屈辱で燃え上がり、制御を失うだろう。
なお、この「呪いの言葉」の対極にあるのが、キリストの「汝の敵を愛せよ」であるが、どのような政治家もこの言葉を前面に押し立てたことはない。それは、「言った瞬間に(国民に憎悪され)自分自身が敗北する」と心の底で思っているからだ。(キリストに近い思想の政治家が、鳩山由紀夫氏だっただろうと私は思っている。)
相手を敵と味方に分けることで自分が「味方の集団の中にいる」と思うことが、人に限りない慰安を与え、そして安倍や橋下のような政治家に都合よく行動するのである。それを愚民と言う。





さんがリツイート

これまでの政治の意志もまた最も単純で簡潔な悪しき箴言で示すことができるのであって、その内容は、これまで数千年の間つねに同じであった。

 やつは敵である。敵を殺せ。

(埴谷雄高)






拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析