忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 50

第五十章 魔獣たち

「ドラゴンまで倒すとは驚いたな。だが、安心するのはまだ早いよ。こちらにはまだいくらでも新手がいるからね」
 ミオスの声が響いた。
 その声と同時に、神殿の向こうから何者かが現れた。川を渡ってこちらに歩いてきたのは、三体の動く石像である。騎士の姿をし、手には巨大な剣と盾を持っている。その剣と盾が陽光にきらめいた。
 こちらに近づいてきた姿を見ると、その石像は、高さが五、六メートルほどある。片足でミゼルたちを簡単に踏み倒せる大きさだ。
 ミゼルたちはそれぞれ離れて三体の騎士に対応した。
 石像たちの動きは緩慢であるが、振り下ろす剣の勢いは凄まじい。ミゼルたちは、その剣を避けながら石像の足に斬りつける。しかし、足に傷を負っても、石像たちには何の変化もない。
「手足を切り離すのよ! 手首を切りなさい」
 リリアが叫んだ。
 ミゼルは、自分に剣を振り下ろす石像の手首に斬りつけた。一度では切り離せないが、二度、三度と連続して斬りつけると、石像の手首は剣を持ったまま地に落ちた。
 すると、その手首が再び宙に浮き上がり、石像目がけて飛んでいき、その心臓に突き立ったのである。リリアが念力を掛けたのだ。
 石像は自らの巨大な剣を心臓に突き立てられて、地面を揺るがせながら倒れた。
 他の二体の石像も、マリスとピオに手首を切り落とされ、同じやり方で倒された。
「石像も駄目か。なら、これではどうだ」
 再びミオスの声が響いた。
 その言葉と同時に、空の彼方に一点の黒い姿が現れ、見る見るうちに大きくなっていった。それは小山ほどもある巨大な鷲であった。体は先ほどのドラゴンよりも大きい。
 凄まじい羽ばたきと共に舞い降りた巨鳥は、あっという間にその足の爪でピオとマリスを掴み、再び空高く上がっていった。はるか上空から二人を落とすつもりだろう。いかに神の武具を着ていても、そうなれば二人の命はあるまい。
「ミゼル、行くわよ!」
 リリアが叫んだ。
 ミゼルの体は宙に浮かんだ。
 先ほどとは違って、自分の意志でではなく、何かの力でただ運ばれていくだけである。その代わり、速さは段違いに速い。
 目のくらむような上空である。
 下に雲が見え、その下の地上はもはやぼんやりとした藍色にしか見えない。
 上を見ると、あの巨鳥の姿があった。太陽に向かってなおも上昇している。
 ミゼルは背中の矢筒から矢を抜いて、巨鳥に狙いをつけた。
 矢の射程に巨鳥の姿が入った。
 ミゼルの手から矢が放れ、矢は巨鳥の背中に突き立った。だが、巨鳥は、何の痛痒も感じないように飛び続ける。
「リリア、ぼくをあの鳥の背中に下ろしてくれ!」
 ミゼルは、自分と並んで飛んでいたリリアに向かって叫んだ。
 リリアが頷くと同時に、ミゼルの体は巨鳥の真上に来ていた。
 巨鳥の両翼の間に飛び乗ったミゼルは、その巨大な羽毛に掴まりながら、王者の剣を抜いて鳥の背中に突き立てた。一度だけでなく、何度も何度も斬りつけ、鳥の背中に穴を開ける。さらに、剣で切り裂きながら、その血塗れの肉の中にミゼルは体ごと潜り込んでいった。
 巨鳥は、自分の体の中に潜り込んだ異物による痛みを感じて、苦痛の叫びを上げた。
 どろどろの肉塊の中で、ミゼルはやがて巨鳥の心臓を探り当て、そこに王者の剣を突き刺した。
 巨鳥はピオとマリスを掴んでいた足を放した。
 落ちていく二人を、リリアが思念で受け止め、空中に浮かばせる。
 しかし、巨鳥の体内にいるミゼルに対しては、どうしてやることもできない。
 心臓に剣を突き立てられ、命を失った巨鳥は、地上に向かって落下していく。
リリアたちもその後を追った。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析