忍者ブログ

天国の鍵 5

その五 旅立ち

「ハンス、お前も少しは魔法ができるようになったから、旅に出るがよい。あちこちの国をめぐり歩いて、いろんな魔法使いに会い、魔法の勉強をするのだ。そして、この世界のどこかにある天国の鍵をさがしなさい」
「天国の鍵?」
「生きている人間が、生きたまま天国に行ける鍵だ。これまでいろんな魔法使いや騎士たちが探したが、まだ見つけた者はいない。それを見つければ、この世から悪はなくなり、この世がそのまま天国のような平和な世の中になると言われておる」
「飢えも寒さも、戦争も憎しみも無くなるのですか?」
「そうだ」
「それなら、ぼくはそれを探します」
「まあ、どこにあるかわからぬものだから、気楽(きらく)に気長(きなが)にやりなさい。お前にこれをあげよう」
 ザラストはハンスの前のテーブルにいくつかの品物(しなもの)をおきました。
 まず、世界地図、それから短剣(たんけん、ナイフのことです)、帽子、マント、長靴、ベルト、上着、ズボン、下着、皮袋(かわぶくろ、これは水筒の代わりです)、薬草や傷薬、少しの食べ物などです。
「それから、ジルバ、パロ、ピントをおともにつれていきなさい。きっとお前の役に立つだろう」
 ピントとは犬の名前です。白くてまだ小さな犬ですが、いったい本当に役に立つのでしょうか。
 ハンスはさっそくザラストの家をでることにしました。
「気をつけていくのじゃぞ。悪い魔法使いや魔女、泥棒や山賊(さんぞく)がとちゅうには、いっぱいおるからな」
 ザラストに手をふって別れをつげ、ハンスは驢馬(ろば)のグスタフにのって進みます。猿のジルバはハンスといっしょにグスタフにのり、オウムのパロはハンスの肩にとまっています。ピントはグスタフの前や後ろを歩いています。時々、かってに走り出して猫や兎をおっかけますが、すぐにもどってくるので、まいごにはなりません。
 季節は夏の終わりで、まだ日ざしが強く、街道(かいどう)はほこりっぽい感じです。
 夜は野原で野宿(のじゅく)します。火をたいて夜食を食べ、星をみながらねむるのです。マントの下に草をしけば、即席(そくせき)のベッドができますから、土の上でねても体がいたいことはありません。
 やがて目の前に大きな山脈(さんみゃく)が見えてきました。これを越(こ)えれば東の国グリセリードですが、この山脈を越えるのはたいへんです。
 とりあえず、ふもとの宿屋にとまろうと思いますが、お金はありません。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
12
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析