忍者ブログ

「天国の鍵」について

「天国の鍵」は少年少女向けの哲学小説です。哲学とは言っても、難しい話ではなく、この世界はどのような世界なのか、善と悪の意味は何なのかを、小説の形式で書いたものです。
私は児童文学者の中ではケストナーが好きなのですが、ケストナーの小説がまさしく、楽しい物語を語りながら、その一方で読み手である少年少女に、社会のありかたや人間の生き方を教えるという作品でした。そういう教訓性を持った小説は、現代では流行らないのかもしれませんが、子供のころに世界の実体や正しい生き方を習わなかった人間が、まともな大人になれるものかどうか、悪に満ちた現代の世界を見れば、よくわかることです。
もしも、この作品を面白いを思ったら、コピーしてどのように使ってもかまいません。どんどん利用してください。世の中にまともな考え方をする人間が少しでも増えることが私の願いなのですから。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
12
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析