忍者ブログ

本番は、コロナウィルスワクチンの登場からか

井口一基氏をどうとらえるべきか、私は未だに決めかねているが、深い知識と論理的頭脳の持ち主ではあるだろうな、とは思う。人格(ほとんどネトウヨに近い発言が多い)的にはどうなのか、まあ、そこが少々問題がありそうな気がするので、いつも彼の発言(記事)は「話半分」で読んでいる。
下の記事は井口氏(井口博士と言うべきか)のブログ記事の一部だが、書かれたことが本当なら、コロナウィルスについて、恐るべき指摘をしている、と思う。一度治った患者が病気を再発したという事実は中国で既に現れており、私も、「コロナウィルスなど恐れるに足りない」説を完全撤回すべきかどうか、思案中である。
そして、注意すべき点は、コロナウィルス自体よりもその「ワクチン」のほうが危険である、と下の記事は読み取れることだ。もちろん、そのワクチンはまだ完成していないが、ワクチンに大きな危険性があるなら、ワクチンが世に出た時こそ「日本人大量処分」の完成になるわけだ。




(以下引用)


結局、今回のウィルスをバイオ兵器だと知らずに、単なるインフルエンザウィルスの一種だと錯覚した無知のせいで、人が死に、死なないまでも人が苦しむのである。治ったとしても一生多臓器不全に苦しむのだ。
RNAウィルスというのは、そのRNAが体内細胞のDNAに組み込まれ、免疫が下がるとまた発症する
という性質があるのである。
この一番の例が、ヘルペスである。帯状疱疹や口唇ヘルペスは、光や刺激や体調により、免疫が下がると現れる。
だから、このRNAウィルスを真似したRNAワクチンは非常に危険なのである。
今作っているのは、このRNAワクチンである。
もし遺伝子ドライブが組み込まれたら、永久不妊にしたり、妊娠しても、ある特定の人種しか生まれなくしたり、そいう機能をRNAに組み込むことができるのである。
バイオ兵器研究所の遺伝子編集技術はすでにそこまで行っているのだ。


















拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析