忍者ブログ

自分がやることの結果への想像力と知識の欠如

ほんの軽い気持ちでやったいたずらが、とんでもない結果になる、ということであるが、世間の人の多くは人間の体がどれほどもろいものか分かっていない。転んだくらいでも、その倒れ方次第では致命的な怪我をすることもある。学校の体育や部活動での怪我が一生の後遺症になることも多いのである。
とにかく、「他人の体は貴重なガラス細工と同じ」、と思うくらいでいいと思う。それを壊したら、弁済不可能、というわけだ。まして、平然と暴力事件を起こすような人間は終身刑にして、一生監獄に入れておいていい。それに、だいたいが暴力事件を起こす輩は、自分より強い相手には向かわない卑怯者である。


(以下引用)




山田雄也 (yamada­­ yuya) @yamada_yuya4224 2016年8月14日

「いつ何が起こるかわからない」 文はヘタですが最後まで読んでもらえたら嬉しいです。 同じ経験をしている方が今いるかもしれない。 拡散してもらえたらありがたいです。


拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析