忍者ブログ

宇都宮爆死事件の背後にあるもの

「アメブロだいはつ」というブログから転載。
例の元自衛官爆死事件の「犯人」(自殺事件の主体を「犯人」というのは不適切な気もするが、周囲への被害を与える死に方なので「犯罪」でもある。自殺が犯罪なのではないwww お前は自殺したから処罰する、などというのはキリスト教かユダヤ教くらいだろう。)
ここに書かれたことにどの程度の信憑性があるかは知らないのだが、こうした情報はマスコミからは隠蔽されることが予想されるので、保存しておく価値はありそうだ。おそらく、「犯人」のユーチューブ動画も既に削除されているのではないか。
家裁の裁判官の名前が出ているのも問題ありだが、名前が表面に出ないほうがそれ以上に問題だろう。「犯人」の言い分が正しいかどうかは水掛け論の範疇にしかならないと思うが、自分の死を賭して訴えた言葉を私は信じる。

ただ、「犯人」の自宅に、誰が何のために放火したのか、それが離婚調停やカルト宗教とどう関係しているかは、よく分からない。とりあえず、ここではただの「参考資料」として出しておくだけだ。この事件の背後にはマスコミ報道では知りえない何かがありそうである。




(以下引用)


宇都宮自爆事件。直接の原因は宇都宮家裁 調停員 今井幸子の一言!


テーマ:

宇都宮市で10月23日午前に3件の火災・爆発事件が発生した。


容疑者は元・陸自3佐 (退職により1階級特進して2佐) の 栗原敏勝(72)


 


誰にでも多少の不安や不満があるものです。


厳しくて切ない民間の社会でもまれた人ならば、今日の あらがいようの無い社会構造にあきらめを感じ、ただ ため息を漏らすだけで消沈するところではありますが、


 


公務員として安楽に過ごしてこれた栗原容疑者にとって今日の荒んだ社会構造は、


自分の期待に対する ひどい裏切りであったに相違ありません。
___________________


 


掌握できた事の次第は、
栗原容疑者、52歳で宇都宮市に新築。


 


55歳で 宇都宮駐屯地・定年退職、あいにく再雇用のほとんどない時期であり、彼はみじめにも ハケンで働かざるを得なかったようです。
曲がりなりにも国家公務員であったというプライドが邪魔をして、ハケン等という職に定まる事は無かったのでしょう。


やがて6年ほど前に3女が精神分裂気味になり、刃物を振りかざすなどしたため、


これを治そうと、妻・栗原直子はカルト宗教にはまったそうです。


 


カルト宗教側はその祈祷料などと称して数千万円を要求
妻は素直に これを支払う…栗原容疑者の退職金がなくなってしまいました。


_________________________________________________________________


妻がハマったカルトは 東京八王子の 真言宗 長江寺


真言宗と看板が上がってはいますが、この寺は独自に暴走しています。


金の亡者・住職はひょっとして、あれか?…朝鮮渡来の人なんじゃないのか?



長江寺 住職 荻原玄明
〒192-0004 東京都 八王子市 加住町2丁目248−3
電話 042-691-3801
http://www006.upp.so-net.ne.jp/rukajp/hagiwara1.html


 


…妻・栗原直子からの相談内容から 長江寺は、


栗原容疑者に退職金(幹部なら概ね3400~3700万円ほどか?)がある事を知り得、これを狙っていたのでしょうね。
____________________


ややあって、妻が離婚調停を 宇都宮家庭裁判所 に申し出る。


 


宇都宮家庭裁判所
所在地: 〒320-8505 栃木県宇都宮市小幡1丁目1-38
電話: 028-621-2111
____________________


 


宇都宮駐屯地近隣に家があった。



まず自宅に放火。



 


ストリートビュウで観てみる。


一番奥の家と車庫が容疑者の物件。



車庫を拡大。私有車両、かつてはマルセデス・ベンチだった模様。


 


高校新卒後、37年勤務で退職一時金2800万以上を得る。


アホみたいに恵まれた境遇の自衛官。。退職と同時に高級車を購入する人は多い。


彼もまた、そうであったのかも知れまへん。



自爆時に燃えたのは、トヨタ・ヴィッチ。 この撮影時以降 買い替えたと思われ。


______________________


栗原容疑者は、社会正義にそくした公平な調停を司法に期待していたに違いない。


 


しかし それは裏切られ、結果


「定年後に稼いだ老後の資金は全て、裁判所に差押没収された」


とありました。


______________________


 


上記 差し押さえに対して異議を申し立てたようです。


「 …平成24年9月18日火曜日 曇り 10時から親族問題第1回調停が調停室で実施された。
 裁判官&調停官は近藤壽邦
(宇都宮家裁所長 定年退官 平成26年7月30日)、
 調停員は男性が小松、女性が今井幸子であった。」


 その場でのやり取りの中で、


 


今井幸子から 「(あなたは) 殺害されずに生きているのではないか。死んだら (あなたの主張を) 認めてやる。」と言われ憤りを感じた。


しかし(残念ながら)記録は残っていない。


 


と、彼は書き残しています。

___________________


栗原容疑者は10月21日にYouTubeをUPし その中で、


 


「債権差押え預貯金を奪取され・住居家屋まで抵当に入れ、間もなく競売に附し没収される。もう、預金も住む場所も無くなる。


個人としてはどうにも対応できない。
大きな事件にならなければ問題を見向きもしないという現代の風潮は、非常に不満を持っております。


精神障がい者の子を持つ夫婦は多くが悲劇を
持って終わる。私も例外ではない。全てに負けた。
私は社会に訴える。」


 


と、切々と訴えていました。
____________________


 


栗原容疑者は 子供のように純粋に社会を信じていた部分があるもんだから 簡単に追い詰められてしまいました。


 


先程も書きましたが、


社会にもまれ、世の中を…役人社会を知っている方々ならば、


まず第一に、家裁の呼び出し等には出頭しません


 


妻からの申し立てによる家庭裁判所の出頭要請書なんて、


そんなもの、放って置けば良かったのです。


 


また調停により発行された書類に不満があったなら、


基本的に サインなんかしちゃダメ ですよね。


 


素直な心は必ず裏切られる。相手が公職だからと信じて行儀良くしていちゃ、いかん。
_______________


陸上の元自衛官なら 化学肥料から爆発物(通称アホン火薬)を作るなんて朝めし前や。
ワタスは海自機関科出身で 陸自には予備自衛官で数年行っただけやけど、


こんなワタスにも 材料と30分の時間があれば 10㎏は作れる。


そんな陸さんに向かって……調停員の「死んだら信じてやる」の一言はヤバかった。


今回の自爆事件、


火を着けたのは 宇都宮家裁 調停員 今井幸子である。






(夢人追記)表に出ているニュース記事だと、次のようなもので、背後にあるカルト宗教団体の存在や、なぜ離婚訴訟で妻側の全面勝訴(と理解できる)となったのかが書かれていない。フェミニスト裁判官が妻側の肩を一方的に持ったのではないか、と私は推測している。(私自身フェミニスト、つまり女性を尊重し、その権利を拡大すべきだと考える者だが、女性側の主張を一方的に支持する戦闘的フェミニストとは相容れない。)


宇都宮爆発:容疑者「自暴自棄」投稿…離婚訴訟に不満募る
シェア
ツイート
シェア
メール


 宇都宮市本丸町の宇都宮市城址(じょうし)公園で23日に爆発物で自殺したとみられる栗原敏勝容疑者(72)=同市針ケ谷町=は陸上自衛隊を退官後、自ら開設したとみられるブログや本人のアカウントとみられるフェイスブックなどへの書き込みを繰り返していた。以前は精神障害者支援団体の活動報告などが多かったが、今年に入ると元妻との離婚を巡る民事訴訟への不満をつづる回数が急激に増えた。「自暴自棄」などの書き込みもあり、心境の変化が事件の背景になった可能性がある。【伊澤拓也、山崎征克】


 栗原容疑者は退官後、支援団体の相談員として精神障害者と家族の支援に取り組んでいた。ブログなどでもその様子が報告されていたが、今年1月以降は離婚に至った経緯や、宇都宮家庭裁判所の裁判官や調停員への批判が次々と書き込まれるようになった。


 書き込みは内容が重複し、怒りの根深さが垣間見える。「債権差し押さえ命令で生活資金を没収された。住居も競売される」とも記し、金銭面で苦境に立たされていることもうかがわせた。


 事件の1週間前には「ネット炎上を期待しているが、訪問者さえ少なく、いろいろと工夫している。大げさにしなければならない」と、離婚後の孤立感が表れた投稿が掲載された。さまざまな時事のニュースに関するつぶやきでは、頻繁に「自暴自棄」という言葉が登場する。


 栗原容疑者は、通信機器など機材の取り扱いや気象に詳しい自衛官だったようだ。本人とみられる人物が今年4月、動画サイトに投稿した「栗原敏勝の自衛隊退官パーティー」という動画によると、栗原容疑者は36年間、自衛官として勤務し、1999年4月に定年退官。退官時の階級は中堅幹部にあたる2等陸佐で、所属は航空学校宇都宮分校だった。


全焼した栗原敏勝容疑者の自宅を調べる捜査員や消防隊員ら=宇都宮市針ケ谷町で2016年10月24日、野田樹撮影© 毎日新聞 全焼した栗原敏勝容疑者の自宅を調べる捜査員や消防隊員ら=宇都宮市針ケ谷町で…

 気象予報官としての職務が長く、同分校では91~96年に気象教官として学生約200人を指導したという。また、地上訓練機班長として訓練に使うフライトシミュレーターの改修やパソコンのCPU(中央演算処理装置)の改良などにあたった。


 宇都宮市内のホテルで開かれたというこのパーティーで、当時の同僚は「きちょうめん。しっかりとしたデータ管理で活躍された」と仕事ぶりを褒めたたえていた。













拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析