忍者ブログ

「我が愛のエル・ハザード」終了の挨拶と今後の予定

「我が愛のエル・ハザード」はこれで終わりだ。もちろん、これはOVA版「神秘の世界エル・ハザード」に基づく半創作ノベライズなので、主要設定やキャラクターなどは、ほとんど原作者に負うている。しかし、それを文章化するというだけでもなかなかの苦労はあったのである。
だが、言うまでもなく、原作OVAの素晴らしさに比べたら、こんな文章など足元の足元にも及ばない。この作品は、それに関わったすべての人間が、その最良の仕事をした結果生まれた、奇跡的な作品なのである。原案、脚本、キャラクター設定、原画、音楽、挿入歌の作詞、声優、etc、etc。
まあ、そう思うのは個人的な感想にすぎないかもしれないが、残念ながら、この作品の素晴らしさを知らない連中の手によって、「エル・ハザード」はスタッフを変えて低劣な品質の続編やその続編などが作られ、初期のファンたちからもあきれられてそっぽを向かれてしまったという不幸ないきさつがある。その中ではテレビ版エル・ハザードが比較的良い出来だったが、『異次元の世界エル・ハザード』は愚作であると私は思う。
成功した作品の続編を作るのに、なぜスタッフを変える必要があるのか、私にはさっぱり理解できない。制作会社上層部が阿呆揃いだから、としか考えられない。
これはアニメだけに限らず、日本の映画会社などでも同じであり、だからこそ日本映画は、最初から客が入るはずのない映画を延々と作り続けているのである。
まあ、『エル・ハザード』のように埋もれた名作は、ほかにもあるだろう。そうした作品に出会う喜びがたまにあるだけでも、人生は生きるに値する。

次回からしばらくは、天才作詞家枯堂夏子の作品を幾つか掲載しよう。残念ながら、「エル・ハザード」や「天地無用!」を知らない人には、その面白さが分からない可能性もあるのだが、まあ、興味のある人だけでも読んでもらえばいい。

ついでに、私のお気に入りの歌詞も幾つか掲載してみる。
GW頃から、大長編小説を掲載するつもりだが、それまでのちょっとした中休み的な記事としての掲載である。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析