忍者ブログ

警察の常識、社会の常識

  1. ツイッターのコピーが思うようにならない(不要部分の消去がうまくできない)ので、不細工なコピーしかできないが、備忘として残して置きたい知識なので、そのままコピーしておく。警察の常識と社会の常識はまったく別物だ、ということが、こういう異常事態の時に露呈する。








               
  2. 父が病死した時に知ったが、「病院内で医師が死亡を見届けた場合」以外は、いかなるケースでも“変死”もしくは“不審死”扱いになり、家に検視官やら巡査が大勢来て間取りを調べたり写真を撮られる。癌で病死したと明らかな場合でも同様なんだそうだ。
  3. 403件のリツイート 212 いいね
    1. 昨年、癌の父が自宅で病死した時に警察官が家族に職業を聞いてきたけど、「ライターです」と申告したら「じゃあ無職ですね(無職と記入)」というやり取りを経て、ポリスメンがフリーランスをどう見てるのかよく分かった。ニュースで「無職」と言われてる人も実は何かやっている。
    2. 21,234件のリツイート 10,765 いいね



拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
7
13
24 25
26 27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析