忍者ブログ

隣のエイリアン 第六章





第六章 受験勉強とその他の勉強


 


原幕高校の入試出願は12月だから、その間に市販の高校参考書を購入して高校の学習内容を見てみたが、中学との差は大きいようだ。これは、中学までが義務教育であるためだろう。


高校の学習内容は、大学進学のための学習、というのが第一の目的であるようだ。試しに大学の入試問題を見てみたが、低水準の文明にはふさわしくない難問が多いように感じる。いや、それが難問である、というのは、「設問の意味や意図が理解できない」ということである。解答例を見て初めて、これはこういう回答を求めていたのか、と分かることが多い。だが、逆に、そういう回答をすればいいのだ、と暗記してしまえば、記憶力の優れた人間なら容易な試験かもしれない。少なくとも、創造性や論理的思考力の高度なものが求められてはいないようである。特に社会科(いくつかに分類されている)などは、知識を問うだけだから、おそらく私は満点を取れるだろう。理科も同様だ。(その知識内容が我々から見たら誤りであることもかなりあるが、試験に合格するのが目的なら、あえてその誤った知識を答として書けばいい。)数学も同様で、まだ高校の教科書そのものは見ていないが、高校参考書の内容から判断すると、「思考力」よりは知識の量が問題であるようだ。つまり、こういう問題パターンはこういう解き方をする、ということを大量に暗記すればいいのである。かえって、小学校の「文章題」などのほうが、方程式を使えないだけに理解や解答技術の習得が(徒労感があるために)困難なくらいだ。


結局、私にとって一番難しいのは国語ではないか、と思う。特に、「小説」というジャンルの、作中人物の「気持ち」や「心理」を考えさせる問題は、私にはほとんどお手上げである。


また、評論文というのも、辞書に出てこない「評論文特有語」が多く、設問意図もよく分からないものが多い。解答例を読んでも、なぜそれが「正解」なのか、理解できないのである。


まあ、英語などは、問題内容がとても易しいので、誤答をする可能性は少ないかと思う。リスニングもテレビの「洋画」や「海外ドラマ」を見て練習したので、大丈夫だろう。


もともと我々の聴覚は人間の数倍優れているので、どのような発音でも、またどのように小さな音でも聞き取れる。これはリスニングには有利である。(なお、「音楽」の性質もかなり我が星と地球では違う。我が星の音楽は、地球ではクラシック音楽と呼ばれるものに近い。特にバッハという作曲家の作品は、我が星の人間が作ったと言われてもおかしくない。一方、ロックとかポップスという音楽の大半は私には「騒音」としか聞こえない。幸い、我々の種族の耳には外部から侵入する音を自動調節する機能があるので、騒音は自動的に「ミュート」される。)


 


高校入試の勉強自体は半月ほどで終わったので、私は市内の図書館に毎日のように通って大量の本を読み進めた。


特に人類の歴史と政治というのは、私がこの地球に来た目的である「人類の査定」と大きく関わるので、図書館の本のすべてを読んだが、いくら読んでも、なぜ人類の歴史が戦争の歴史なのか、その根本原因が分からない。ほとんどすべての歴史の本は、「起こった出来事」が書かれているだけで、それが「なぜ起こったのか」は書かれていないのである。


宗教に関係する戦争も多いようなので宗教関係の本もすべて読んだが、なぜそのように荒唐無稽な説を無数の人たちが信じるのか、その根本が分からない。ほとんどの宗教は平和と愛を説いているのだが、その宗教が原因で戦争や殺戮が平然と起こされたりしている。


為政者の権力があまりに大きく、その為政者がすべて大馬鹿なのだろうか、とも思ったが、なぜそういう大馬鹿を為政者にしているのかが分からない。古い時代には為政者が暴力で社会を支配していたのだろうと推測はできるが、現代は「民主主義」がほとんどの国で採用されているらしいのだから。


とすれば、国民は自ら大馬鹿者を為政者に選んでいる、ということである。


これは実に理解しがたいことである。


少なくとも、世界のほとんどの国は前世紀の半ばまでには民主主義を採用しているのだが、その後も戦争は起こり続け、今では「テロとの戦争」という、本来なら警察が対処すべき事柄まで軍隊を動員した戦争があり、収まる気配はないようなのだ。


つまり、地球人というのは、根本的に残忍で悪辣な生き物なのだろうか。とすれば、私は高校などに通うまでもなく、「地球人絶滅すべし」に一票を投じればいいということになる。


しかし、街で見る子供や老若男女の笑顔や、隣人である少女、平南美の笑顔を見ると、それはまったく信じられないのだ。


仮説としては、人類と我々の間には「欲望」の内容に大きな違いがある、ということなのではないか、と今のところは考えている。


哲学の本を読むと、「快楽主義」と分類されているエピクロス派の言う快楽は主に知的好奇心の充足による快楽であり、それは我々の精神的傾向そのものだ。また、デカルトの「方法序説」の最初の部分にも「考える喜び」が語られている。これは我が星の誰かが書いたとしてもおかしくない内容だ。


だが、世界を暴力で支配してきた人間の欲望というのは、それとはまったく違う欲望であるようだ。それは簡単に言えば、「他人に優越したい」という欲望であり、食欲や性欲などの生理的満足や装飾品による感覚的満足を何より優先し、そのためにはいかに悪辣なことでもする、ということであるらしい。


まあ、我々には理解しがたい精神だが、このようないわば「犯罪者精神」が放置されるどころか、むしろ賞賛されている、というのが太古から現在に至る人類史の基礎にあるのではないか、というのが私の仮説だ。


これはあくまで仮説にすぎないので、あと1年間、研究して結論は出したい。


 


ちなみに、パソコンよりも携帯電話、もしくはスマホというのがネット利用には一般的なようなので、その契約もして、スマホも入手した。


銀行口座も作り、510万円だけ入金した。ただし、最初に入金したのは10万円だけで、残りの500万円は銀行の電子情報を書き換えて作っただけである。現金が必要ならいつでもATMを念動力で操作して引き出せるから、銀行預金は必要ない。ただ、高校への入学金などは預金からの振り込みのほうが便利らしいと思ったのだ。


 


私が一人暮らしをしていることに、隣の平南美が興味を持っているらしい。「食事は大丈夫か」などと聞いてくる。


「あ、大丈夫です。買い置きがあるので」


と言うと、


「インスタント(インスタント食品の意味らしい)ばかりじゃ体に悪いですよ。私、作りましょうか」


「いや、お気持ちは嬉しいですが、本当に結構ですから」


と、この頃は私も普通の日本人らしい対応ができるようになった気がする。














拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析